ゴジラ-1.0

こりゃあ今年観た中でワースト作品ですかね。
実写版のゴジラは映画館で観ることに決めているので期待せずに観にいきましたが、やはりというかしんどいくらい「情けない」映画でした。題材は良いんですよ、戦後間もない日本を舞台にしてゴジラをやるっていう発想は。山崎貴は昭和の「街並み」をCG技術で作るのに定評のある人なので、背景美術も悪くないです。ゴジラの造形も好きな部類ですし、街の破壊描写も観客の期待に応えるレベルになってます。個人的に1番良いと思ったのはゴジラの防御力がへなちょこな点で、機関銃で撃たれれば普通に痛そうにしますし、爆弾で攻撃されれば皮膚がただれるくらいダメージを受けます。そしてそれを上回るスピードで「回復」します。今回のゴジラは並の攻撃程度はすぐに治してしまうくらいの再生力を有しており、治癒する際の、細胞が再構成されていく描写の部分は「おっおっ」となりました。
でもそんだけ。
あとは全然駄目です。観に来たこっちが情けなくなるくらい人間ドラマとか脚本に面白みがなく、突然大声で感情的にしゃべる演技とか、あらゆる事象すべてを台詞で説明してしまう脚本とか、戦争反対を標榜してるくせに「戦争のケリをつける」ことに拘る主人公像の意味のわからなさとか、はっきり言って酷いです。何回「やったか!」って言うんだよ。やってねえよ。わかんだろ。「作戦に関わった人が誰一人死なないようにする」っていう作り手が自ら課した縛りのせいで最終段階の戦いにおける緊張感は薄いですし、なにより科学者一人が立案した作戦をそのまま採用するって変でしょ。もっと検討すべきだし、失敗する可能性を考えて第二、第三の作戦とか補助を用意して周りに周知しとけよ。ていうかそもそも、日本政府やアメリカがゴジラの存在を認知してるにも関わらず「混乱を避けるため隠匿し、介入を避ける」ってどういう理屈なの? だから民間人のみで対処しようとはならないって。その他、人物同士が和解する過程が説明不足だし、頭が悪く、空気の読めない台詞だらけ、あとあの人を生き残らせるのは作劇的に私は無能ですって言ってるようなものでしょ。
笑えない。観ていて自分が情けない。
終わり方もさあ、そりゃ復活する可能性はあるでしょうよ。でもさ、そんなことは私でさえ観ながら想像できるんだって。やってほしいのは、見せてほしいのはその先なのよ。あのボロボロの肉塊が再生して見たことのない異形のゴジラが登場、見た目も攻撃方法も様変わりした新しいゴジラをいかに倒すかってところまで行ってくれよ。
巷では結構高評価なようですが、私は期待せず観に行って、期待以上にずっこけました。ダーメだこりゃ。

11月4日追記
なんでこんなにこの映画が嫌なのか、昨日より言語化出来そうなので追記。
この映画全体のプロットは戦争と震災から市井の人々の力を合わせて立ち直ろうってもので、テーマ的にもそれは同様。それ自体は良い。気持ち悪いのは戦争反対を掲げつつ、軍隊を賛美もしている点で、それはダブルバインドどころかただ「どちらの立場にも良い顔をしたい」という無思想、無批判、無節操からくるものだ。そのダシにゴジラが使われているせいで、位置付け的には、戦争で負けた、あるいは震災で被害を受けた借りを返すために用意された「悪役キャラ」以上のものになっていない。主人公が特攻出来なかったなら、本当に戦争に反対しているなら、最後の作戦で戦闘機に乗れば軸がブレるとは考えなかったのだろうか。最後の作戦で女性の登場人物は後方に追いやられ、男達だけで盛り上がってる光景は「震災」よりも「敗戦」のコンプレックスを映画内で晴らそうということだろうし。
そういう浅はかでなんの信念もない人たちに「ゴジラ」を使われることが何よりも私は嫌だった。大事なものを汚されるような嫌悪感がすごかった。
ゴジラがかっこよければそれで良い、その気持ちもわからないでは無い。でも一方で、そういう安易な方向に流されていくのはすごく恐いことでもあって、このなんの味もしない、しかしよく見てみると作り手の事勿れな主義思想だけはたっぷり残ってるゴジラを評価してしまえば、この先も似たような低きに流れる作品ばかり作られる可能性すら感じて、全く建設的ではないと思うのだ。
私がこの映画を観ていて「情けない」と感じたのはつまりそういうことなのだ。

『COCOON』

2023年9月にNintendo Switchにて配信。
パズルが中心となった上方向から見下ろし型のアクションアドベンチャーです。最初から最後まで台詞およびテキストが一切ないので、世界観についてはプレイしながら読み解いていくしかありません。どうやらここは古代文明の跡が残る異星であり、生物と機械が融合したガーディアンによって守られている場所。ゲームのカギを握るのはあちこちに存在するオーブのようなもので、この球体の中には別の世界があり、さらにその世界の中にも別の世界が……という入れ子構造になっている。オーブの色ごとにビームを発射したり、見えない通路を歩けるようになったりと能力が備わってもいて、球体に世界を閉じ込めたり、組み合わせたり、並べ替えるたりすることで、この宇宙の謎を解き明かそう、みたいな内容です(たぶん)。
それぞれの世界にはボスキャラクターがいて、特徴を見抜き、球体を解放していくって流れは『ゼルダの伝説』っぽくもあり楽しい。特徴的なのは”異星”という感じを押し出した世界観のアートワークで、ちょっと不気味な植物や生物、生き物と機械の中間にあるようなオブジェクト、主人公の虫っぽい見た目あたりがいい感じに異世界感をかもし出しています。
画面にステータスやゲージ等の余計なものは一切なく、ミニマルなデザインの作りで、使用するボタンも十字キーと○ボタンのというシンプルさ。反面謎解きはかなり複雑で、後半、出来ることが増えていくにつれどんどん頭がこんがらがっていきました。謎解きの快感はありますし、プレイ時間も5時間くらいで終わったのですが、謎解きに偏りすぎているので、のんびり異世界旅行するという感じとは違うかも。あとマップはもう少し見やすくしてほしかったかな。
奇怪で静謐、昆虫や植物が力を持つ世界という点ではSF小説『地球の長い午後』を彷彿としたりもしたりもした。

やっぱり

あまり見られていないという状況だから書ける文章というのはあるなあと思う。この文章もそうだけど、他のサイトで書いてる文章に比べるとここで書いてるものは言ってみれば「どうでも良く」、かっこつけたり、賢しげに見せたり、無理に続けようとしたりする必要性を感じない。そのためある面ですごく自由にいきいきと適当に書けているから、こっちの方が後で見ると良く感じることが多い。たぶん心理的な問題なんだろうと思うけど、まあ理由はなんでもいい。いま言いたかったのは、だからここで下書きしてから清書すればいい具合に肩の力が抜けた文章になりやすいんじゃないかって話。はてなブログをなめてるとかそう言うことでは全然なく(でもそういうことになるのかな)、むしろそれをありがたく思ってるということ。

『キラーズ・オブ・ザ・フラワームーン』

傑作だと思います。デ・ニーロ×ディカプリオ×スコセッシの3時間半にわたる金と欲と血に塗れた大作。1920年代、石油が発掘されたオクラホマを舞台に、変転していく男の人生を重厚に、冷徹に描く。「映画を観た」という満足感が凄まじかった。もっとちゃんとした感想は書くかも、書かないかも。

キングオブコント2023

カゲヤマ

二人ともスーツ似合わなくて見た目ですでにおもろい。ていうか随分舞台装置しっかりと作られてんなあ。裸土下座を一部だけ見せるのはバカすぎる。いい具合に客から悲鳴もあって良き。この人ネタで最後まで引っ張るのは力技すぎる。

 

ニッポンの社長

もう常連ですね。やり返しすぎなのわろた。やー、やっぱ好きですニッシャ。「いきてーんだろ」はかけてるんだろうな。

 

や団

演技指導で指導者が何言ってるのかわからないってネタ。あー、今どきこの怒り散らしたネタはちょっと厳しそう。灰皿回るだけで笑わせんのはすごい。ひねりのあるネタでした。

 

蛙亭

男女コンビ。やっぱり他のコンビにはない。色が出せるのがこの人たちの強みですね。中野くんのKARIBU Tシャツ地味におもろ。この人ネタで持ってくのかこれ。今回展開が少ない力技のネタ多いな。

 

この時点でや団がすでに爪痕残すモードに入ってんの賢いなと。あとカーネクストのCMに出てる朝日奈央が印象に残る。

 

ジグサグジギー

前にも決勝出てたけど7年前なんですね。市長の公約が大喜利を出すみたいな出し方をするというネタ。新しい。イッポングランプリなんかのバラエティ番組がみんなにとって馴染みのあるものになっているいまだからこそというか、とにかく目の付け所と調理の仕方が良い。新鮮なきもちで、でも安心して笑えるってすごいことだよ。てか観客のウケすごいな。

 

ゼンモンキー

まさかのニッシャと微妙なネタかぶり。やっぱり真ん中にいる眼鏡くんが良い味だしてるなあ。テンポもいい。平和なネタ。

 

隣人

チンパンジーに落語を教えるというトリッキーなネタ。すでに好き。というかキングオブコントは決勝になると力技や下ネタが評価されやすくなる傾向にあるからこういう枠は貴重。品があるし画的にも新鮮。綺麗なネタやなあ。

 

ファイヤーサンダー

サッカー日本代表の元マネ芸人が日本代表外されたことを嘆くネタ。見るのちょっと疲れてきたのもあってあまり集中して見れなかった。でも構成の練られたネタだと思う。

 

サルゴリラ

手品師との打ち合わせ風景。微妙に気持ち悪いマジックを披露してくるのがツボ。とはいえ出順の問題ではあるのだけど、見ていてあまり頭に入ってこなかった。小ネタが大喜利っぽくて好き。

 

ラブレターズ

旦那を待つ娘の彼氏と夫人と犬のネタ。隣の部屋から壁ドンされるというシチュエーション。おつかれさま。

 

決勝

ニッポンの社長

手術のネタ。ていうかこの人たちのネタ、なあんか見たくなっちゃうんだよなあ。内臓出し過ぎという話。静かにおもろいなあ。きもいなあ。あはは。優勝は無理だろうな。

 

カゲヤマ

上司のデスクにうんこした上司と社員のネタ。バレた後の反応が予想外で良い。そして一発目の下ネタから一転、こんなちゃんとしたネタ持ってくるのは上手いなと思う。今大会で一番好きかも。

 

サルゴリラ

青春という魚というよくわからない例え。あー

面白い、ただ純粋に単純に笑える。優勝ですわ。

押絵と旅する男

江戸川乱歩の短編。何気に短編作品の中では上位にランクインするポピュラーな作品らしいのですが、読んでませんでした。

話の筋は語り手の「私」が汽車で押絵を持った男と出会い、その押絵にまつわる物語を聞かされるというもの。乱歩の文学者としての能力が存分に出ており、一文ごと流麗で、詩のような趣があります。そのため普通に汽車に乗ってるだけの描写もどこか幻想的で美しい反面、やや煙に巻かれた捉えづらさも。夢、幻の世界にふわりと入っていく筆致は見事であり、乱歩の中でも人にすすめやすい内容だなあと思いました。まあ、あたくしはもっと変態が出てくる方が好みですが。